若者の車離れに警告|親の通院や介護では車が必須

なんとなく巷で耳にする「若者の車離れ」

私も免許を取る時は車なんて、免許なんて必要ないと思っていました。

特に都会に住んでいると電車やバスで移動できますし、更に言うと自転車さえあれば生活には困りません。

しかし、将来的にはどうでしょうか?

  • 子育て
  • 仕事
  • 介護

若いうちは必要なくても、年を重ねていくにつれて車を必要とする場面は出てくるはずです

この記事では「介護での車の必要性」についてお話していきます。

目次

若者の車離れの今


若者の車離れと言っても世の中が勝手にそう言ってるだけじゃない?と感じる人もいるかと思います。
私が独自に調査した「若者の車離れの現実」をデータに基づいて検証していきます。

免許は保有するも車は持たない若者が増えている

「ソニー損害保険カーライフ意識調査」を元に新成人の免許保有率とマイカー所有率を見ていきましょう。

  • 新成人の免許保有率
2011年51.8%
202151.3%

この10年間での免許保有率にさほど変化はありません。

  • 新成人のマイカー所有率
2011年25.3%
2021年14.4%

こちらのデータを見るとこの10年間で免許保有率は大差がないのに対し、マイカー所有率は大きく減少していることがわかります。

なぜ若者は車を持たないのか

都会に住んでいると車がなくとも電車やバス、徒歩や自転車で十分生活できますよね。

私自身、免許を取った時は車を運転するなんて思っていませんでした。
身分証明書として免許を使う予定だったのです。
このように考えている方も多いのではないでしょうか。

そして、車に必要性を感じていないという理由の他にも以下のような理由が考えられます。

  • 購入費用がかかる
  • 維持費がかかる
  • 車に魅力を感じない

お金に対して守備的になっている今の人からすると、車の購入費や維持費に掛ける余裕がないんですよね。

そして、平成初期や昭和の時代は車を持つことが一種のアイデンティティ、もしくはファッションになっていましたが、今は車を持つこと自体に魅力を感じないという考え方もあります。

ネネちゃん

車がなくても生活できるということだにゃ

なつゆめ

そうやなぁ。
私自身も介護が始まるまでは不要やと思ってた。

介護が始まれば車は必須


免許を取った当初は私自身も車は不要だと思っていた人間でした。

ですが、親の介護をやってみて思ったこと…

車絶対いるじゃん!!!

そう、免許取得時には想像もしていなかった車必須生活になったのです。

実際、特に車が必須だと感じる場面は通院と買い物にあります。

通院

若くて健康な人だと公共交通機関や自転車、徒歩で通院できますよね。

ですが、介護が必要になるとそもそも1人で移動することが難しくなります。

大病院はもちろん近所のクリニックへ行くのもできない場合もあるんですよね。

必然的に家族が運転する車に乗せて通院する形になります。

実際に父の通院は私が車を運転して行ってます。

買い物


買い物に関しては必ずしも必要なわけではありませんが、要介護者の買い物って何かと大荷物になりがちです。

そして、本人を買い物へ連れていくことだってあります。

ずっと家にいると心も体も弱っていくので買い物くらいは外出させてあげたいですよね。

その場合は車が必須です。

タクシーや介護タクシーも利用可能

とはいえ、タクシーを使えば良くない?と思いますよね。
今では介護タクシー事業も普及してきています。

普通のタクシー

普段街中で走っているタクシーです。
呼べば割とすぐ来てくれるので緊急時の受診や買い物にも使えますよね。

デメリットとして「単純にお金がかかる」があります。
通院や買い物の度にタクシーを使えるお金がある人は限られていますよね。

介護保険の介護タクシーを利用する

そもそも介護タクシーとは車いすでも乗降可能なタクシーです。

この介護タクシーにも介護保険適用がありまして。
介護保険サービスの中の「訪問介護」の中に「通院等のための乗車または降車の介助」があります。

介護保険タクシーの特徴として
  • 外出準備の介助
  • 移動と乗車の介助
  • 病院での対応、受付、会計等

送り迎えだけではなく通院に関する介助を手伝ってくれます。

▼介護保険について詳しくはこちら

デメリットとして「要介護1以上の人でないと利用できない」があります。
要支援者でも一人で移動ができない人はいますし、公共交通機関を利用できない人はいますよね。

民間の介護タクシー

民間の介護タクシーは要介護ではない人でも利用できます。
そして介護保険タクシーでは難しい送迎も可能です。

旅行等、生活に必須ではないプライベートな外出にも対応してくれます。

デメリットとして「介護保険が適用されないので割高」があります。

ネネちゃん

単純にタクシーや介護タクシーを使えばいいと言うわけじゃないにゃ

なつゆめ

結論、親の介護では車が必須ということやな

若者よ、今のうちに車に慣れておこう

以前、私がした2つのツイートです。

介護が始まってから8年。
これまで何度も「免許取っててよかった~。ペーパーになる前に運転する機会があってよかった~」と感じています。

親の介護はある日突然、地震のように訪れるので、練習がてらたまに親御さんを乗せてドライブしてみてはいかがでしょうか。

おしまいっ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次